May 06, 2020

オイリー肌のニキビ改善には食事と食べ方も重要という話

haribo & sweets
オイリー肌で長年ニキビに悩まされてきた hachi です、こんちわ。最近ニキビがかなり改善してきたのですが、その理由を考えてみると化粧品などによる外側からのケアより(もちろんスキンケアも大事)食事が重要なのでは?という結論に達しました。なので食事面での改善方法についてシェアしたいと思います。

オイリー肌(脂性肌)の特徴

自分の肌質についてはオルビスのサイトからチェックできます。

診断によると私は皮脂・水分共に多いタイプでした。

オイリー肌といっても人によってその状態は様々なようですが、私の場合は

  • 朝洗顔しても昼頃には T ゾーンや頬が皮脂でてかっている。夕方には頬もてかっている
  • 成人後もニキビ(吹き出物・・・)がよくできる。特に頬やフェイスライン
  • 季節の変わり目にニキビができやすい
  • あまり生理とは連動しないが、大体二週間ごとにニキビ繁忙期と閑散期的なものを繰り返す
  • 大抵、できたニキビは一日程度で白くなって(洗顔したりすると)すぐ潰れる。時々赤く化膿する
  • 鼻や頬の毛穴が目立つ

といった感じです。私は今 30 歳なのですが、中学生くらいからずっとニキビが断続的にでき続け、悩み続けてきました。いろんなスキンケアを試したり、そんなに跡が残りやすい方ではないですが、ニキビ跡改善のためのレーザー治療(フラクセル)も受けたりしました。
それでもニキビはでき続けます。くっそーーーー (/□\\*)・゜゜と思いながらネットで色々調べていると「糖質を減らしタンパク質と脂質を増やしたら肌質改善した」「食べ物をよく噛むようにしたらニキビができなくなった」といった食事関連の情報にたどり着きました。

特に参考になった記事はこちら。
【化粧品は不要】僕が脂ぎった顔(オイリー肌)をスベスベの素肌に戻した方法

そうして食事とニキビの関係について考えるようになりました。

ニキビができやすくなる食事とは

ramen

実は私にも全くニキビができない時期があります。それは「風邪で寝込んでいるとき」です。というのもふだんの私は炭水化物・甘いもの・油っこいものが大好きで、特に好きな食べ物はペペロンチーノ、ジェノベーゼ、フライドポテトです。そりゃオイリー肌になるに決まってるやろという話なんですけど。どうもすみません。
でも人より特別大量にそういうものを食べてるわけじゃないんですよ。人並みの量を食べただけでも肌荒れしてしまうのです。

ただそんな私でも風邪のときはさすがにお粥やゼリーのようなサラサラの食事になり、油っこいものは匂いを嗅いだだけでも気分が悪くなります。そしてそういうときはニキビもできません。それどころかわりとつるつる。まあ当たり前といえば当たり前なんですけど。糖質と(質の悪い)脂質の過剰摂取はニキビに繋がります。

ただ「よく噛む」というのは盲点でした。私はどちらかというと食べるのが速い方です(実家に帰ると両親に驚かれる)。特に好きなものはついガツガツよく噛まずに食べてしまいます。パスタなどの麺類はつるっと食べられてしまいますが、逆にいうと噛まないまま飲み込んでしまって胃腸に負担を掛けていることになります。

以上を踏まえてニキビができやすくなる行動をまとめると、

  • 長時間メイクを落とさない(食事とは関係ないけどかなり顕著に感じる)
  • (大好きな)甘いものを食べすぎる
  • (大好きな)油っこいものを食べすぎる 特にポテチはかなり危険で数日後にニキビ波が来る
  • よく噛まずに飲み込む(特に大好きな麺類!)
  • 飲酒する(ついついウィスキーを毎晩二杯くらい飲んでしまう)→ フェイスラインに固いニキビができる

要するに胃腸や内臓に負担を掛けるとニキビがかなりできやすくなってしまうわけです。正に肌は内臓を映す鏡。

質のいいものをゆっくり食べるようにしたら肌荒れが改善した

ginza cafe fredy plate

というわけで甘いもの、油っこいもの、ガツガツ食いを控えるようにしたら、確かにその時期はニキビができなくなり、肌のキメも整うようになりました。ただ残念ながら、その後反動でまた好きなものをどかーんと食べてしまうと、当然のようにまた荒れてしまうんですけど。なのでうまく自分の中の邪神を(一日外出録のハンチョウのように)なだめつつ、食事を改善することが大切ですね。

今は食事についてこういったことを心がけています。

  • とにかくよく噛んでゆっくり食べるようにする。そうすることで食べる量も抑えられる
  • 野菜をよく食べる・野菜から食べる
  • 白米の代わりに発芽玄米を食べる(血糖値の急激な上昇を抑えられる)
  • 油っこいものを食べたくなったらオイルサーディン(いわし)を食べる。ジャンクフードより断然いい
  • オリーブオイル、ナッツ、卵、鶏肉、納豆等で良質なたんぱく質を取る
  • 代謝をよくするため水をよく飲む。とりあえず朝起きたら水を飲む
  • 肌荒れが気になるときはビタミン A、ビタミン B 等の錠剤を飲む
  • 甘いものは、まあ食べちゃうよね。食べすぎないようにしよう。高カカオのチョコレートを食べよう
  • ウィスキーは、まあ飲んじゃうよね。一日一杯程度にしよう。水割りなら水を多めにしよう。自分と相性のいい(調子が悪くなりにくい)お酒を探そう

今もニキビはできますが、量は減ったし悪化することも少なくなりました。皮脂の量も減ったような?単純に加齢によって皮脂の分泌量や食べる量が減り、食事の好みもあっさりめに変わってきたことが理由かもしれないですけど。あとはコロナによるテレワーク・引きこもり生活で全然メイクしてないからかもしれない・・・

まとめ

健康的な肌のためには食事だけでなく睡眠や運動も重要ですし、何が効果的かは人によって大きく異なると思います。食事もひとつの要素として大事だよーということで参考になったら幸いです。