November 12, 2019

【タイ】2019年度ロイクラトン祭りに行ってきたのでレポート

特に目的もなくタイに来て早くも1か月が経とうとしているhachiでございますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 昨日、タイのお祭りの中でも最も美しいと評判のロイクラトン祭りに行ってきたのでレポートを書きます。

ロイクラトン祭りとは?

"タイのロイクラトン祭りは水の祭典とも呼ばれています。「ロイクラトン」とは、灯籠(クラトン)を川に流す(ロイ)というタイの人々の間で古くから続いていた風習です。河川の水位がもっとも高く、旧暦12月(現在の10月または11月)の満月の夜に人々が川岸に集まり、川の女神“プラ・メー・コンカー”へ感謝の気持ちを捧げます。"
https://www.thailandtravel.or.jp/activity/lktpromo/

お祭りのことはタンデムで知り合ったタイローカルの人に教えてもらい、なんか面白そうだったので行ってみることに。日本の灯篭流しみたいな感じかな~と想像していたものの、結論から言うと、その100倍くらいド派手でした。

プロンポン・ベンチャシリ公園

昼間はプロンポンのコワーキングスペースで作業していて、17時半頃に外に出る。調べたところチャオプラヤ川だけでなく大きめの公園でも催しが行われているらしく、プロンポン駅近くのベンチャシリ公園に行ってみると、日も暮れないうちからなかなか賑わっておりました。 場所が場所だけに日本人のお母さんと小さい子供づれが多かった。タイの民族衣装を着ている子もいてかわいかった。

lantern
これが灯篭。日本のと全然違ってタイらしくカラフル!1つ40-60バーツくらい。
灯篭っていうかケーキみたいですね。かわいい。景気がよい(ケーキだけに)。

park
lake
露店で灯篭を買って、この池に灯篭を浮かべます。
peopleinpark
公園には人がたくさんいます
catinpark
猫もいるよ

ここで夜までだらだらするのもありかなーと思ったけど、せっかくなのでバンコクでお祭りが一番盛り上がるらしいチャオプラヤ川まで行くことにした。

チャオプラヤ川でランタン流し

プロンポンからサパーンタクシン(チャオプラヤ川に近い)までのスカイトレインはやっぱりものすごく混んでいた。サパーンタクシン駅で下りるとこちらも人だかりができており、ドンドコバンバン何やら景気がよさそうな爆音ミュージックが流れており、アドレナリンが出る感じがする。

pier
サパーンタクシン駅近くの船着場はすごい人だかり
ships
夜のチャオプラヤ川はロマンチックです

早速川辺に向かうと、ここでも川にランタンを流す人達がたくさんいた。結局私はなんとなくやらなかったのですが。 各自が勝手に川岸に行って流すという感じではなく、決められた場所で順番に流すルールになっているようです。お祭りのわりに屋台もあまりないし、規制されてるのかなと思った。

riverman
このお兄さんに頼むとランタンを川に流してくれる
peopleinrow
ランタンを流すため順番を待っている人々
harbordog
その近くで寝っ転がっているわんこ。ほんとにバンコクは野良犬が多い
dog
近所の野良わんこその2

とりあえず今バンコクで一番イケてるらしい巨大ショッピングモール・アイコンサイアムに行こうかなーと思い、無料水上バスに乗ろうとするも、人が多すぎたので歩いて向かうことにした。

ギンギラバブリーのアイコンサイアム

アイコンサイアムにはこの日初めて行ったのですが、一言で言うと、バブリーーーーーーっ!!なショッピングモールでございました。さすがバンコクのニューアイコン。お祭りに合わせてイベントが開催されており大賑わい。

iconsiam
川の方から見たアイコンサイアム
glittering
ギラギラ

とにかく、すごい人です。

singer
こっちは屋内オンステージ

アイコンサイアムの敷地内に特設野外ステージ的なものがあり、なんかよくわからんけど各界の著名人が大集結していて、それを膨大な数のオーディエンスが見つめる、というイベントが繰り広げられていた。なんとディズニー界の著名人(?)、ミッキーとミニーも来ていたよ!!

onstage
大集結のようす

あとは打ち上げ花火があるそうで楽しみにしていたのだけど9時になっても始まらず、疲れたので帰ろうと思い電車に乗ったものの方向が逆で引き返すはめになり、でもそのおかげで駅から花火を見ることができた。しかも運転手の粋な計らいなのか単なるダイヤの混乱なのかわからないけど(たぶん後者)ちょうど花火のタイミングで電車が止まり、車内から至近距離で花火を見ることもできた。運転手さんありがとう。
どうやら花火は9時過ぎくらいから始まるようです。人混みがすごいけどタクシン橋から見るのがおすすめ。

firework
花火

日本の灯篭流しは死者の魂を弔うためのものらしいけど、タイのこのお祭りは罪を洗い流して魂を清めたり、水の神様に感謝するためのものだそうです。その違いもあってか、とにかくアゲアゲ(死語?)な感じで楽しいお祭りでした。タイ各地で開催されるそうなので、11月頃にタイに行く機会があったらぜひ参加してみて下さい。