January 14, 2019

信じてはいけない!派遣会社の営業のデタラメ3選

[はてなブログから移転]

登録型の派遣エンジニアをやっているhachiです。
派遣社員として3年ほど働いていますが、よく思うのは「派遣会社の営業ってほんと、テキトーなことばっか言ってんな!(怒)」ということ(誠実な営業の方もいますが)。
今日は実体験から、派遣会社の営業が派遣スタッフに向かってよく言うデタラメをご紹介します。
みなさまが派遣社員として働くときに騙されないよう、参考にしていただければと思います。

※ここでいう登録型派遣とは人材派遣会社に登録し、派遣社員として派遣先企業で就業することを指します。システムインテグレーター等に正社員として雇用され客先常駐することではありません。

「派遣から正社員になることもできますよ~」

これは非常にありがちなデタラメパターンです。どこの派遣会社の営業も一度は言ったことがあるのではないでしょうか?(憶測)こう言うことによってスタッフに長く働いてもらう=長く派遣会社にマージンを落とし続けてもらうことを目的としているようです。私の知り合いの事務の女性は就業開始時にこの台詞を言われたものの、わずか数か月後に人員調整で契約終了になってしまいました。
派遣先企業で派遣社員から契約社員になるパターンはそう珍しくないですが、正社員になれると期待しない方がいいと思います。正社員になりたい場合は、最初から正社員の求人に応募する方が遥かに確実な近道です。

「今の部署でしばらく働けば、社内で希望する部署に異動することもできますよ^^」

これは私が実際に言われました。具体的には、当時はパッケージ開発をする(プログラミング言語の使用は基本的にない)部署にいたのですが、私がJavaのプログラミングをやりたいと思っている旨を伝えたところ、一年ほど今の部署で経験を積めば同じ派遣先の他部署でJava開発をする案件に異動できるかも、と言われました。しかし実際のところは、その派遣先企業では実務経験(それも2年以上とか!)がなければ開発部署での就業はほぼ不可能でした。そのデタラメをのたまった営業が異動したので(あんたが異動してどうすんだw)彼の後任者から事実を聞かされ謝罪されましたが、これもまたスタッフに期待を持たせて長く働かせるためのデタラメです。


ただし他部署で必要とされるスキルがあれば、というか実務経験が募集条件を満たしていればどこかのタイミングで異動することは可能です。これは異動というより別案件で契約し直し、その派遣先がたまたま前と同じ会社だったという方が実態に近いと思います。
派遣の案件が取れるかどうかは基本的に実務経験がすべてなので、全然関係ない他部署で働いていたからといって勤務態度やコネ(だけ)で評価されて別の部署に異動できることはまずないと思った方がいいでしょう。

「ここでエンジニアとしてキャリアを積めば後で別の(全然関係ない)案件に移るのもスムーズに行きますよ!」

今度は異動ではなく他社の案件に乗り換える場合の話です。例えば、今はSAPのパッケージ開発をやっているけども、そこで経験を積めば「エンジニアとしてのキャリア」が評価されて他社のJavaの開発案件にも参画しやすくなるかも、などと言われる場合があります。パッケージやツールを使った開発経験があってもプログラミング言語での開発経験としては認められず、有利にはならないので注意です(SAPでもABAPでコーディングしていたなら評価されるかもしれないけど)。


パッケージではなくJava開発から未経験のRuby開発などの案件に移りたい場合、Javaの経験は評価されるかもしれませんが、Ruby経験者がその案件に応募してきた場合は勝てないでしょう。派遣エンジニアはとにかく自分の実務経験やスキルを広げることに注力した方がいいです(場合によっては経歴を盛ることもやむをえません)。

番外編: 紹介担当「その案件は急遽募集が取りやめになってしまいましたmm」

これは営業ではなく案件紹介の担当者(コーディネーターという立場の人)によく言われる台詞です。案件にエントリーして社内選考に通り、職場見学(という名の面接)の日程調整中だったのに急にキャンセルされてしまう場合などです。特に〇クルート〇タッフィングが多い印象。これがデタラメかどうかは定かではないのですが、こういう突然キャンセルが非常に多いので私はウソなんじゃないかと思っています。担当者いわく「派遣先企業の社内で人員補充したから募集する必要がなくなった」らしいのですが、わざわざ派遣会社に発注してからそんなことするかぁ?恐らく本当は他の派遣会社の人で決まってしまったか他の候補者で話が進んだんでしょうが、いろいろ突っ込まれたら面倒だから「募集取りやめ」で強制終了させているような気がします。

おわりに

多くの派遣社員の方もそうだと思いますが、私は基本的に営業の人の言うことはまったく信用しないようにしています。当然ですが彼らは自社の利益が最優先なので、まあ仕方ありません。
派遣社員という働き方は目的がはっきりしていればお手軽に働けて残業代も100%支給され、そう悪くないと思っています。自分に合うやり方でいい感じに働いていけるよう頑張りましょう。